心と身体の健康

アクセスカウンタ

zoom RSS いんげん豆のこと・・・

<<   作成日時 : 2008/04/03 17:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

白いんげん−白あんの原料。
甘納豆に使う大型の大福 姫手芒など

鶉豆−グレーに模様が入っている。
メキシコのピント豆もこの仲間

金時−平安時代に坂田金時という豪傑がいて
この金時の肌が 赤茶色だった事から、
紅色の物の俗称を金時と言います
いんげんの金時も紅色で、 小豆のように見えます

虎豆−半分が白、半分が鶉豆の模様になっている豆。
煮豆に使い インゲン豆の中で最も美味しい
     ゆでて塩をふっただけでも美味しいですよ。

インゲン豆は皮が柔らかいので水分が蒸発しやすく、
水につけても戻りが悪くなるので、 収穫された翌年の
梅雨時までに食べきるようにしましょう。

採れたての豆は含まれる水分の量にバラツキがあって
煮ムラが出るので、採れてから2ヶ月ほどたって使う。
インゲン豆の旬は12月から翌年の5月まで。
正月料理はちょうどこの旬の豆を使っているのです

画像



今日の更新 http://ameblo.jp/tamakara/
毎日の流れ・・・を見てね


食べたくなるよ〜は、インゲンとじゃがいものカレー  です。


健康ランキングに参加しています。
クリックしてね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いんげん豆のこと・・・ 心と身体の健康/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる