心と身体の健康

アクセスカウンタ

zoom RSS かき氷の頭痛

<<   作成日時 : 2008/07/25 15:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

のどから入ってきた冷たい氷という急な強い刺激で、

脳の三叉神経が勘違いして混線を起こし、

本来なら冷たいという情報が伝わるだけなのが、

痛いという情報までが伝わって頭痛が起こるのです。

かき氷で頭痛を起こすのは個人差があるようです。


アイスクリーム頭痛と呼ばれる一時的な頭痛の一種

片頭痛と同じ血管拡張性の頭痛といわれています。


平安時代には氷室を作って 氷を保存して

茅葺屋根は 熱を防ぎ 水はけの良い場所に

建てられていました。

清少納言は枕草子に 氷を食べたことを記しています。



刃物で削った氷を銀製の器に入れ、

氷を蔓草の一種である甘茶蔓、甘葛の甘味のある

樹液で露をかけて食したそうです。

銀は 熱伝導が氷の冷たさを引き出す作用があり

殺菌作用をもつ性質を知り、毒物を除去し

美味しさが増すのです。



画像



今日の更新 http://ameblo.jp/tamakara/
毎日の流れ・・・を見てね




食べたくなるよ〜は、宇治金時・・・です。
http://tamakaranomama.blog62.fc2.com/





健康ランキングに参加しています。
クリックしてね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
かき氷の頭痛 心と身体の健康/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる