心と身体の健康

アクセスカウンタ

zoom RSS 昔の夏の生活の工夫・・・

<<   作成日時 : 2008/07/26 13:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

昔の夏の生活は 涼を上手に求めていました。

日ざしの強い南側の縁側には、よしずを立て掛け、

朝夕に庭に打ち水をしたり

朝顔 へちまなど 葉っぱが大きく

蔓が伸びて涼しくしたのです。

キュウリやヘチマやインゲンの収穫もできて

食べれて 貴重なものでしたね。

昔の日本家屋では、夏になると風通しをよくするために

障子や襖を外して すだれを使っていました。

風鈴の音色は、さわやかな風を表現し涼しさを感じます。

庭にたらいを出して行水したり

窓外に床几を出して涼んだり 

茅葺きの家は夏涼しくて 冬は暖かかったのです。

団扇で扇ぐのも 情緒がありますね。

麻は吸湿、放湿性に優れ、肌に密着しないという

特徴があり、湿度の高い日本の夏には最適な素材です。



画像



今日の更新 http://ameblo.jp/tamakara/
毎日の流れ・・・を見
てね


食べたくなるよ〜は、もも・・・です。
http://tamakaranomama.blog62.fc2.com/





健康ランキングに参加しています。
クリックしてね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昔の夏の生活の工夫・・・ 心と身体の健康/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる