心と身体の健康

アクセスカウンタ

zoom RSS 溶蓮菌とは・・・

<<   作成日時 : 2009/04/10 07:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

子どもさんになると思っていましたが

ネット友だちにもなっている人が居ます。

急に風邪などで体の調子を悪くした時。

免疫力は一時的に衰えていますね。

そこに溶連菌が感染し、溶連菌感染症となるのです。

この病原菌は、感染しても3週間ほど抗菌剤を

投与する治療をすることで除菌できます。


発熱(38〜39度)、のどの痛みがあり、

赤い小さな発疹が体全体に出ます。

舌に赤いブツブツが出ていちごのようになるのです。

口の中も真っ赤になり、唇が荒れてきます。

おう吐、腹痛、筋肉痛、関節痛、首のリンパ節が腫れて痛む。

こんな時は 病院に行きましょうね。


くしゃみやせきを介して感染しておこります。

5歳をピークに4〜9歳がかかりやすく、秋から春に

多く発症するそうです。

菌が残っていると、腎炎、リウマチ熱、血栓性紫斑病に

成り易いです。腎炎を起こしてる人は、尿の検査をして

確かめ 症状が出ている間は、感染のおそれがあるので

出歩かないように。

溶蓮菌感染症は、親が風邪だと勝手に判断して 

子どもに市販の風邪薬を飲ませると、

合併症を起こしやすいので注意してね。



画像


今日の更新 http://ameblo.jp/tamakara/
毎日の流れ・・・を見てね。



食べたくなるよ〜は、フレンチトースト・・・です。
http://tamakaranomama.blog62.fc2.com/




健康ランキングに参加しています。
クリックしてね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
溶蓮菌とは・・・ 心と身体の健康/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる