心と身体の健康

アクセスカウンタ

zoom RSS 蚊の対策には・・・

<<   作成日時 : 2009/07/11 17:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


蚊は 針のような口でさして血を吸うのですが その時に唾液がつき

蚊のだ液で アレルギー反応が起こって「かゆくなる」そうです。

かゆい所を かけばかくほど炎症がひどくなるので、水や氷で冷やすか、

かゆみ止めの薬を塗るのが良いのです。

二酸化炭素が多い→皮膚呼吸をしっかりしている→新陳代謝が活発

健康な人に 蚊は寄って行きます。子供がよく刺されますね。

蚊にかまれたら 絆創膏を貼っただけで かゆみは取れます。

人を刺すのはヒトスジシマカとアカイエカ。人を刺すのは雌だけです。

産卵期に高たんぱくの栄養源が必要となるからで

雄は花の蜜や果汁、木の樹液などを餌にしているようです。

O型の血液の血液型物質が花の蜜に非常に近いので O型の人が

かまれやすいようです。

汗には筋肉内の老廃物である乳酸が含まれているので かまれやすいです。

蚊は、人が発する二酸化炭素の濃度変化を頼りに近づき、

距離が近づくと炭酸ガスに加えて乳酸の匂いも感知するからである。

体温が高い人も刺されやすくなるので、体温が比較的高い子供の方が

刺されやすいですね。

蚊のかゆみの毒素というのは約42℃で分解するので おフロに入ったら

いつの間にかかゆくなくなっている。

肌の露出を控えて 明るい色の服を着ましょうね。



画像




今日の更新 http://ameblo.jp/tamakara/
毎日の流れ・・・を見てね



食べたくなるよ〜は、ミズの生姜漬け・・・です。
http://tamakaranomama.blog62.fc2.com/




健康ランキングに参加しています。
クリックしてね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蚊の対策には・・・ 心と身体の健康/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる