心と身体の健康

アクセスカウンタ

zoom RSS 金柑の効用

<<   作成日時 : 2013/04/24 00:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

最近お庭に 沢山金柑が実ったのでと持ってきてくださったのです。

風邪を予防したり喉にも良いとされていますね。

昔から 金柑 皮食うて実ほかせと歌われまた。

ビタミンCは皮の方に多く含まれているので、

一番いい食べ方としては、皮ごと生で食べて良いのですよ。

疲労回復、老化防止、食欲増進、抗ストレス、

がん予防、脳卒中予防にも良いそうです。

カルシウムも含まれていて果物の中で最も多く、

神経の興奮や緊張を鎮静させます。

ビタミンB群、C、Eの吸収を助けるビタミンPなども入っているので、

毛細血管も丈夫にし、高血圧や動脈硬化を防ぐ優れものです。

金柑シロップ

金柑・・・300g
グラニュー糖・・・150g
水・・・100cc
レモン汁・・・大さじ1

金柑のヘタを取り ぬるま湯で金柑をよく洗います。

金柑を半分に切り、爪楊枝で中の種を取り除き

厚手のフライパンに金柑とグラニュー糖、

水を入れ、中火で煮詰め 

こげつかないように気をつけながら、

アクが浮いてきたらすくって捨てましょう。

水が少なくなってきたら火を止め

レモン汁を加えて混ぜ合わせ、粗熱が取れたら

煮沸した瓶に入れて完成。

水割り、お湯割り、ソーダ割り、

焼酎にも良いでしょうね。


金柑の甘露煮

ヘタを取り 水洗いしたら フライパンに入れ

水を入れて煮たら 茹でこぼして

アク抜きをします。

厚手のフライパンで ひたひたの水

好みの甘さの砂糖を入れて煮ます。

種は 食べながら 取る人もいますので

茹でこぼしの後に取っても良いですが

そのまま煮ても 良いですよ。


金柑ジャム

ヘタを取ってきれいに洗い 水気をふき取ります.

完熟の金柑を使った方が色は綺麗ですよ。

5分くらい煮て 柔らかくなったら

種を取り除き 刻むのですが

フードプロセッサーを使えば簡単です。

金柑の分量の半分ぐらいが目安ですが

金柑 500g 砂糖 250g 好みで増減してね。

厚手のフライパンで煮ると早くできますよ。

冷めたら冷蔵庫に保存して 使います。
画像

画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
金柑の効用 心と身体の健康/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる