祭りとは・・・

祭りは 万葉集に出てくる まつらふで、

神様をお招きして海の幸、山の幸に、感謝して

御供えを捧げ、お納来を 心を和らげて戴き、

悪い事や 病を退け、福をもたらして下さるように

祈ることなのです。

神社の祭りの中で、神様が氏子町内をお巡りになる祭りを「大祭」

「祭礼」「神幸際」などと言い、一般に「祭り」となったのです。

民俗学者、柳田国男は見物を楽しませる祭りを祭礼と呼び

祭りの華は山車と神輿といえますね。

私たち自身が神様への感謝と祈りを込めて心身共に

祭りに参加するその喜びの「躍動」と「感動」が

祭りの醍醐味なのです。

画像


今日の更新は→ ここを←クリックして見てね。

食べたくなるよ~は、抹茶ミルク金時かき氷です。


健康ランキングに参加しています。
クリックしてね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sugito36
2007年07月24日 20:29
祭りの話。ありがとうございます。どこの町でも賑やかに復活しているようですね。イラストも可愛いですね。ありがとうございました。
cafe
2007年07月25日 05:35
そうですね。「祭り」は非日常の雰囲気を味わえるのが、いいです。 歌の歌詞ではないけれど、、祭りの後(終わり)の、もの悲しさもありますけど、、。  2007.7.25.wed. 夏祭り。
たまからのママ
2007年07月25日 12:08
sugito36さん おはようございます。
お祭りは 活気があるので良いですね。
町おこしにも 伝承芸術も縦繋がりが
豊かな人間関係を作り 地域が一丸となり
活性されますね。
たまからのママ
2007年07月25日 15:26
cafeさん こんにちは。
朝書いたのに消えていたわ・・・

お祭りは、人情が見えるようで好きです。


この記事へのトラックバック