えべっさんの福笹は・・・

起源は約800年前土御門天皇の建仁2年(1202年)に

禅の祖といわれる栄西禅師が建仁寺建立にあたり、

その鎮守として最初に建てられたものです。

笹は縁起物の松竹梅の竹の葉で

「節目正しく真直ぐに伸び」「弾力があり折れない」

「葉が落ちずに常に青々と繁る」といった特徴から

家運隆昌、商売繁盛の象徴となったそうです。


商売繁盛の縁起物と言えば、関東では酉の市が

関西では「えべっさん」の愛称で親しまれる十日戎が有名です。

1月の9,10,11日の3日間に開かれるこのお祭りでは、

その一年の商売繁盛を願って多くの人が参拝に訪れますね。

縁起物、お祭りで買うと意外と高く、小さな物でも数千円、

大きな物だと数万円~十万円以上までと、

びっくりするような値段がついていたりするものですよ。


福笹 去年の笹は納札所に納めて礼を言い、境内横で

    福娘さんたちの売る今年の笹を『福』と一緒に買う

神棚があれば神棚に飾ります。

神棚が無ければ、頭より上の位置で、福を呼ぶ笹であるから、

福徳の吉神である歳神様(歳徳神)が来られる恵方(吉方)に向けます。

祀る場所は、玄関あるいは、皆が集まる部屋でも良いですよ。

画像



今日の更新 http://ameblo.jp/tamakara/
毎日の流れ・・・を見てね。




食べたくなるよ~は、黒米ご飯・・・です




健康ランキングに参加しています。
クリックしてね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック