低体温で死亡・・・

悲しい山の事故 ニュースに驚きましたね。

疲労のため動けなくなり、気温が氷点下になり凍死

気温が氷点下になっていないのに「疲労凍死」

正確には凍ってしまったのではなく 体温が何かの原因で

奪われて生命を維持する事が出来なくなったためです。

山での遭難だけでなく、海難事故などで溺れたり、

泥酔して長時間外気にさらされていると同じ症状になります。

中枢体温はからだの中心の体温で、身体は生命を守るため

手足を犠牲にしても身体の中心の体温を維持しょうとします。

通常の体温計ではなく耳の鼓膜の温度を計る体温計で計る事が出来ます。

30℃までが勝負でそれ以下になると病院などでの専門的治療が必要です。

手足をマッサージすると回復するのではなくて、

冷たい手足の血液と 身体の中の内臓の暖かい血液が混ざり

心臓がショックを受けて死亡すると言われています。

内臓を暖めるには 脇の下や足の付け根を湯たんぽなどで

ゆっくり温めると良いのです。

33℃で運動障害が起こり、32℃で意識が朦朧とし錯乱状態に陥り、

27℃で昏睡状態に陥ると言われております。

安易な行動を慎んで まさか 起こらないだろうと勝手な判断をしないで

危険と隣り合わせである自覚を持って 行動してほしいですね。

平地では 健康状態が良くても 慣れない山の気温の変化を

夏だからと 無防備で参加しないように気をつけてほしいですね。

画像



今日の更新 http://ameblo.jp/tamakara/
毎日の流れ・・・を見てね


食べたくなるよ~は、かつおのたたき・・・です。
http://tamakaranomama.blog62.fc2.com/




健康ランキングに参加しています。
クリックしてね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック