夏の果物の効用は・・・

いちご8~10粒で、一日のビタミンCの必要量を満たしますね。

ビタミンCはシミ、そばかすなどの色素沈着の予防、肌のはりを保つ

コラーゲンの生成に 免疫機能を高めて風邪ウイルスの活動を抑え

抗酸化作用が強く、がんや動脈硬化の予防にもなります。


いちじくには、水溶性食物繊維のペクチンが含まれています。

ペクチンには、コレステロールの吸収を抑制して動脈硬化を防ぎ

排便を促す作用があり 便秘にも下痢にも効果があります。


キウイには ビタミンCは、抗ストレス作用があり、コラーゲン性を促し

肌のはりを保つとともにメラニン色素の生成を抑えて美肌を保ち、

食物繊維のペクチンが果実の中でも多く、動脈硬化や便秘改善に効果的。


バナナに含まれているカリウムにはナトリウムを排泄する作用があり、

高血圧の予防に効果的で 食物繊維や腸の働きを活発にする

オリゴ糖が豊富に含まれているので便秘改善にも

免疫機能を高める効果もあるのです。



西瓜は水分が多く、利尿作用が高いシトルリンやカリウムを多く含み

腎臓病やむくみ取りに有効で高血圧の改善が期待できます。

果肉の赤い色素のベータカロテンとリコピンには抗酸化作用があり、

動脈硬化やがんの予防にもなります。


画像



今日の更新 毎日の流れ・・・ http://ameblo.jp/tamakara/見てね
食べたくなるよ~は、鯖の梅みそ煮・・・です。
http://tamakaranomama.blog62.fc2.com/




健康ランキングに参加しています。
クリックしてね



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック