テーマ:日常

低体温対策・・・

最近、低体温の人が増えています。 夕方になっても体温の上がらない人がいますね。 男性や、子どもの低体温も増えてきています。 細胞の働きが低下して悪影響を及ぼしています。 風邪を引きやすくなったり 身体の機能が低下 肌荒れ 太りやすい ストレス 貧血 便秘 甲状腺機能低下症 生活習慣病 浮腫 自律神経失調症 がん細胞の発…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

片付け手際良く・・・

みなさんは、片付けは上手な方ですか・・・。 パソコンでフォルダーを作るように 引き出しや 棚も 種類別に コンパクトに整理しておけば 使いたい時に探し回っているようでは 時間のロスが大きいですね。 台所でも 分類をキチンとしていれば 調理時間もスムースですよ。 ママは、昔から火曜日は台所の日と決めて 冷蔵庫 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交通事故の悲劇・・・

クリスマス 忘年会 新年会と お酒を飲む 機会が多いですが、飲酒運転撲滅キャンペーンが なされても、指導するべき警察官や、 自動車学校の教官 なども違反している。 交通事故を起こさなかったら 見つからないと思い 安易に 少し位と飲んでしまうのでしょうか。 飲んだら飲むなを スローガンにしても 大人が 違反していては…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

恐ろしいノロウイルス・・・

大阪の病院で感染者が増加して 亡くなった方も有ったようです。 目に見えない 電子顕微鏡でしか見ることの出来なくて 人間の細胞の中のみで増えるそうです。 食べてから発病までに 1~2日かかります。 吐き気 嘔吐 下痢 発熱(高熱に成らない38度以下) …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

歌うことの効用・・・

最近では、カラオケが流行っているようですが 内臓の働きが良くなり  呼吸器も丈夫になり リラックスができるようです。 我が家のパパさんも 休みの日には カラオケの 友達と楽しく過ごしているようです。 大きな声で歌うのは 腹式呼吸だから 腹筋が鍛えられますね…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

脾臓を丈夫に・・・

身体の左上腹部 胃の裏側にあります。 上の方は 横隔膜と接し 内側は 左の腎臓に接しています。 気力や 体力が弱まった時は 脾臓が疲れています。 古くなった血液を分解したり リンパ球を作ったりします。 脾臓が弱ると 周りの臓器にも影響が出ます。 冷たいものを多量に摂取すると弱りますので 要注意。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ノロウイルスとは・・・

最近、話題になっているノロウイルスは 食品を媒介して食中毒になったり 人から人にうつる感染症が有るようです。 ホテルでのお風呂 循環沸かし湯では  殺菌が充分出来ていないようなのです。 手洗いで出されるオシボリも 熱湯消毒出来ているか。 高齢者に感染すると 脱水症状が起こったりします。 吐き気 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

腎臓を丈夫に・・・

肝心かなめの腎が 弱ると蛋白が降りたり 血尿が出たりしますが おしっこを我慢しないことです。 血尿が出る場合は 前立腺がんにも発展しますので 尿の色は、毎日観察して置いてください。 自覚症状が無いので 毎日流れを整えましょう。 対策 手足の小指を良く揉んで 柔らかくしてください。 …
トラックバック:9
コメント:2

続きを読むread more

肝臓の疲れを取る・・・

肝臓は 昔から肝心かなめと言われて重要な臓器です。 毎日我慢して働き続けて かなり疲労していますよ。 原因は 睡眠不足 食事のバラつき 運動不足 暴飲暴食 薬の副作用 ストレス 胆嚢の欠損の補い ビタミン不足 栄養を作り変え代謝機能を働かせるのが肝臓です。 ウイルス性の肝炎 …
トラックバック:31
コメント:2

続きを読むread more

風邪の手当て・・・

風邪の時は 充分な睡眠が必要です。 身体の内臓から温める(生姜紅茶、スープ ポタージュ 鍋物) 室温は 高くしすぎない(20~25まで) 部屋が乾燥していると ウイルスが活動します。 (湿度60~80%)加湿しましょう。 足湯をすると 全身が温まり早く治ります。 首は冷やさないようにする。 高熱の時…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

胃の痛み・・・

年末の忘年会続きで 胃がかなり弱っていますよ・ 胃は、食べすぎ飲みすぎで荒らされる事もありますが ストレス 神経の遣い過ぎ 過労 睡眠不足などで バランスを崩すことで 胃の働きが衰えるのです。 風邪の前には、やたらと、食べたくなったり 飲みたくなったりして 胃の負担から 疲れが発生 風邪に移行しています。 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

糖尿病予防・・・

昔は し尿の汲み取り屋さんが来ていましたので 糖尿病を匂いで知り 家族に教えたものですが 最近は、水洗になって匂いも流してしまって 気がつかなくなっていますね。 放っておくと 腎臓 神経 網膜などに障害が出るのです。 運動不足 ホルモンバランスの乱れ すい臓の機能低下 過食や ストレスからも来ますので…
トラックバック:29
コメント:0

続きを読むread more

手と手首のストレッチ・・・

手首と手のストレッチは、朝晩目を瞑ったまま ベッドの中で出来ますから 簡単なので続けてね。 いずれも息を吐きながら ゆっくりと10秒位かけて行うと 効果的です。 ぐー10秒 パー10秒を5回 繰り返すと 違和感のある指を発見。その指を丁寧に揉む。 腕を前に出し 手の甲を下げる。次にそらす。 手の指を組んで握…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トマトの効用・・・

年中、毎日食べているトマト美味しいですね。 高血圧 成人病 がん予防 抗酸化物質のリコピンたっぷり 動脈硬化に 便秘改善 美肌効果に 疲労回復に サラダ カレー シチュー 味噌汁にも スパゲッティ ピザ スープ シャ-ベット ガスパッチョ ゼリー ミネストローネ ミートソース トマトうどん カナッペ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かつおぶしの効用・・・

毎日食べる味噌汁や おすまし おうどんなどに使うダシ 大きなお鍋にたっぷりのお湯を沸かし 沸騰してきたら ざるを入れて その中に削りがしかつおをたっぷり入れて 火を小さくして3分炊き ざるを引き上げると美味しいおつゆが 出来ます。用途に合わせて 小鍋で味付けして味噌汁に 煮物に毎日重宝しています。 出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豆の効用・・・

食物繊維の多いのが豆類です。 カルシュウム カリウム 鉄 亜鉛が豊富なのです。 便秘 腸疾患 糖尿病 大腸がん予防 小豆は むくみ 利尿 いんげん豆 解熱 滋養  えんどう豆 糖尿病に 黒大豆 血液浄化 風邪に 肝臓に 美肌に 大豆 水分代謝に 落花生 止血 胃もタレ 腎臓に いずれも利尿作用と むくみはと…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

さつま芋の効用・・・

さつま芋は 皮の側が 一番栄養が高いと言われています。 しっかりと洗って調理しましょうね。 ビタミンCが多く りんごの10倍だそうです。 便秘解消 血圧低下 胃腸を丈夫に  煮ても焼いても 揚げても お菓子にしても美味しいですね。 さつま芋のご飯 おかゆ 甘辛く煮る 大学芋 ふかし芋 焼き芋 スイート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山芋の効用・・・

大和芋 じねんじょ より安くて手に入り易いのが長いもですね。 胃潰瘍 胃炎 下痢 体力向上に 糖尿病に 心臓病に 更年期障害に 慰労回復に 高血圧に とろろご飯 鰻とろろ マグロのやまかけ とろろ蕎麦  味噌汁に ツミレ汁に とろろのグラタン とろろ焼き 肉 魚 鶏 ハム等で巻いて 一口カツに  納豆…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ねぎの効用・・・

寒くなると おねぎが美味しいですね。 風邪予防に 疲労回復に 鎮静効果 胃液の分泌を良くします。 すき焼き 水炊きに ねぎま 肉のネギ巻き 豚で巻いてカツに。 ぬたに かき揚げに 野菜炒めに 大根とネギのサラダ 丼に お汁に ベーコンとケチャップ炒めに 薬味にも 欠かせませんね。 お好み焼きのネギ焼き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブロッコリーの効用・・・

ブロッコリーも、毎日食べて馴染み深くなりましたね。 寒くなると甘味が増して 3月頃まで美味しいですよ。 がん予防 風邪予防 糖尿病 美肌に 骨粗しょう症 レモンの2倍強のビタミンCがあります。 特にスプラウトは、100倍以上の栄養価があるそうです。 ブロッコリーは、レンジでチンして 彩りよく 調理できるの…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

ピーマンの効用・・・

ビタミンCがレモンより3倍強も多く含まれているのですよ。 我が家では、軸と額を外すだけで 全部調理して食べています。 髪の毛に良いそうです。髪は多く 黒々していますので いつも、羨ましがられています。 ピーマンを嫌いと思っている人は 輪切りにしないで 縦切りにして 調理しましょう。 疲労回復に 動脈硬…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

レンコンの効用・・・

レンコンの歯ざわり 味 良い物ですね。 でんぷん ビタミンCが豊富 繊維質も多いので 整腸作用 胃の健康 利尿薬 疲労回復になります。    肝臓の働きを助け 血液の浄化・増加を助け 風邪の予防と咳止めに 美容にも良いといわれています。 レンコンを摩り下ろして お汁に流し入れると とろりとして美味しいで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大根の効用・・・

大根の美味しい季節ですね。 カルシュムは、ほうれん草の5倍だそうです。 胃もたれに 二日酔いに 風邪予防に がん予防 血栓予防に 美肌効果に 高血圧に 風邪が流行っていますね。 大根を銀杏切りして 容器に入れて 水あめを入れます。 水が上がってきたら 咳止めになりますよ。 葉っぱを 捨てていませんか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

南瓜の効用・・・

南瓜は、美味しくて栄養が豊富なのです。 高血圧 便秘 がん予防に 糖尿病 風邪 不眠症に 肝臓 冬至にかぼちゃを食べると風邪を引かないといい伝わっていますね。 煮物に コロッケに ポタージュ 天ぷら サラダ プリン ようかん ケーキ パン クッキー ババロア 数え切れない料理が出来ます。 http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小松菜の効用・・・

小松菜は カルシュムが多くて 冷えの予防 血液を綺麗にします。 高血圧 肺炎 しもやけ 骨粗しょう症の予防になります。 ほうれん草は 湯がいてお湯を捨てますが 小松菜は 湯がいたら 出して和え物や サラダにします。 湯がき汁は そのまま出しを取って 味噌汁に、鍋物の出し汁に 炒め物に 煮物に、簡単で重宝しま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

人参の効用・・・

人参は すい臓がん 肺がん 風邪予防に 貧血 心臓病に 効果があります。 皮をむかないで調理してね。 栄養が倍増です。カロチンが多く含まれています。 人参のグラッセ 南蛮漬け サラダに 煮付けに ジュースに キンピラに 人参ケーキに 付け合せに 特に人参紅茶は お薦めします。 人参は、洗って水気を拭…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

緑茶の効用・・・

毎日美味しく飲んでいます緑茶には 素晴らしい効用があります。 血圧の安定に コレストロール低下に。抗酸化作用 発ガン予防に。抗菌作用に。疲労回復 利尿作用に 虫歯予防に 口臭除去に 美肌効果に。 緑茶の活用法 ミキサーなどで粉末にして使う。作るのが面倒な人は 食茶用のお茶を購入されても良いでしょう。 湯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

納豆の効用・・・

関西では納豆を毛嫌いしている人が多かったのですが 最近では、好んで食べるようになりましたね。 納豆は 脂質の代謝促進 血流が良くなり 動脈硬化 心臓病を予防 胃炎防止 お肌が若返ります。 但し 摂り過ぎるとホルモンのバランスを崩しますので 妊娠中 整理中は 控えめにしましょう。 キムチを刻んで。 シンプ…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

にんにくの効用・・・

にんにくを食べると元気がでますね。 疲労回復 冷え性に 低血圧に 脳卒中や、脳血栓を予防 がんや老化防止 動脈硬化予防 殺菌作用もあります。 胃の弱い人や 胃潰瘍の人は食べないでね。 梅にんにく 味噌にんにく ガーリックオイル ガーリックバター にんにく醤油 にんにくの酢 にんにくのハチミツ漬け にん…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

酢の効用・・・

お酢は 食べたり 飲んだり 殺菌作用もあるので お掃除にも役立ちます。 ママは、梅酢を漬けているので 毎日お料理に使っています。 血圧を下げ 消化を助けますね。 肩こり 腰痛 アレルギー改善にも効果があります。 動脈硬化 心臓の負担を和らげ 肝臓を強くします。 骨が強くなる 風邪の予防に。 水虫ににも良い…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more