テーマ:

旅の楽しさ・・・

旅は 日頃の疲れや雑事から開放されて のんびりと行くものですね。 出発するまでの準備 計画など立てている時の 楽しさも良いものですね。 荷物は拠点になるホテルなどに送りつけて 連泊して 観光していました。 手持ちの傘や 日用品は持ち歩きますが 極力荷物は少なくして リュックです。 大きなお土産は かためて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春夏秋冬と5行・・・

季節は 成り立ちがあるのです。 鯉のぼりの吹流しや七夕の五色の短冊はこの5色、 大相撲の土俵の上にぶら下がっている四房は 青・朱・白・玄(黒)の4色です。「素人」に対する「玄人」 青春 はまだまだ青くて未熟な春 朱夏 青春時代に芽吹いた希望や志を育てて成熟させる壮年期 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵を描く楽しさ・・・

絵を描くのは難しいと思っている人は 完全を求めるタイプの人でしょうね。 幼児が 好きなように丸や四角を描いたりして ニコニコしているのを見ると嬉しくなります。 自分の感性の中の声が 絵に現れるのです。 見て真似て描くのでなく はしゃぎながら 又、真剣に絵に向かっているのに 周りの大人が 色や形を決め付けて 指導を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七五三の謂れ・・・

七五三は、子供の無事な発育を喜び、成長を願って、 男の子は、3歳と5歳、女の子は、3歳と7歳、親と共に、 氏神様(地元の神社)に参拝する行事です。 古くは男女3才で髪置(かみおき)の祝い、 男子は五歳で袴着(はかまぎ)の祝い、 女子は7歳で帯解(おびとき)の祝いを行っていました。 11月は秋の実りを神に感謝する月、 旧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋は 肺を鍛えましょう・・・

呼吸器を鍛えるのに、もっとも有効な方法が深呼吸です。 気持ちをリラックスさせて、静かに息を吐き切りますと、 自然に息を吸えます。 公園など、自然に囲まれた環境ですと 効果 的ですね。 簡単なことですが、意識して呼吸をしましょう。 秋には肺を潤す食材を補給して、乾燥から身を守りましょう。 梨、レンコン、はちみつ、白ごま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふるさとは・・・

秋の歌を 歌っていて感じた事です。 ♪兎(うさぎ)追ひ(おい)しかの山、 小鮒(こぶな)釣りしかの川、 夢(ゆめ)は今もめぐりて、 忘れがたき故郷(ふるさと 今の子どもたちには 町の賑やかな中で 住み 地域との関わりも希薄になり 懐かしむ価値観は 随分変わっていくのでしょうね。 定年になって 故郷を思い出し …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文化の日とは・・・

国家はあるが、国民がその本来の姿と正しい歴史を知らない。 昭和天皇誕生日(昭和節)を忘れ、「みどりの日」 明治天皇治節を「文化の日」として祝いつづけることは、 その祝日の本義と、誰に対して何を祝う「祝日」なのか、 わからないまま 知らないまま 過ぎていきそうです。 嬉しくなるよ♪ に 解説しておきました。 文化勲章授…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ハローウィンの楽しみ・・・

昔の人はハローウィンは 前年に亡くなった人が この日だけ時が止まったようになって 生きている人に乗り移ると考えていました。 人々は乗り移られないように家中の明かりを消して 火の気のあるものも全て消して家の中に亡くなった人が 寒くて入ってこられないようにしたのです。 あらゆる伝説をたよりに鬼のような怖い、おばけのような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハローウィンのかぼちゃ・・・

ハロウィン(Halloween)といえば、 暗闇に不気味に光るオレンジ色の南瓜の提灯 「ジャック・オ・ランタン」が欠かせない。 大きめの かぼちゃの中身をくり抜き、目と口を切り抜いて つり目で不気味に笑う顔を作り、中にロウソクを置けば 「ジャック・オ・ランタン」ができあがります。 アイルランドに伝わる民間伝承が元になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の味覚狩り・・・

秋の味覚を求めて 出かける時期ですね。 美味しい果物の見分け方をご紹介しましょう。 行く前にチェックして、旬の味覚を満喫しよう おでかけの際は、動きやすい服装で出かけてね。 汗や手についた果汁をふくためのタオルや ウエットティッシュがあると便利ですよ。 ぶどう 粒に張りが有って 表面に白い粉がついているもの。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more