テーマ:料理

ゴーヤの効用は・・・

苦味成分のモモルデシンは肝機能を高めて、血糖値の降下に効果があります。 胃液の分泌を促して食欲を増進させるので、夏バテ解消に良いですね。 ビタミンC・カリウム・カルシウム・マグネシウムなども豊富なのですよ。 にがうりのビタミンCは加熱しても壊れにくいので、 ゴーヤチャンプルーや天ぷらで食べても効果大です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のどが痛いときは・・・

  紅茶の出がらしで うがいをしましょう。 大根を2センチ角ぐらいに切って一晩はちみつにつけておいて、 大根のエキスがあがってきたら、お湯割にして飲むといいですよ。 すぐ飲むときは 大根のおろし汁にハチミツを加えると良いですよ。 大根にはビタミンC、鉄、マグネシウムといった成分が含まれていて、 粘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バランスを崩すのは・・・

東洋医学では、人体は「気」「血」「水(津液)」の3つの要素から構成されています。 すべての病気は気・血・水の量が不足したり、流れが滞ることで起きるのですね。 流れを滞らせる大きな原因が、飲食の不摂生とストレス、そして体の冷えです。 特に最近 急に冷えだして バランスを崩している人が おおいのです。  気・血・水の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

グアバとは・・・

昨日 戴いたグァバのことを記載しましたら 質問がありましたので お知らせしますね… グアバはザクロに似て「蕃石榴」(バンジロウ) 一般向きの呼び名です。 蕃果が(ばんか)と呼ばれていることもあるようです。 熱帯アメリカが原産地、中国にも渡来している。 ステロイド類のβーシトステロール、ケルセチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胃を大切に・・・

胃痛胃痛・胃もたれなど胃の不快感の多くは、以前は慢性胃炎とよばれていましたが 過労、精神ストレス、不規則な生活、食事の不摂生などの場合も多いですね。 悪い生活習慣は改め、趣味やスポーツでストレスを発散させるような工夫が必要でしょう。 現代人は食事どきにかむ回数が少なくなっていますね。 だ液の分泌を促し、胃の負担を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教職員の精神疾患退職940人

09年度にうつ病などの精神疾患を理由に退職した 国公私立学校の教員が計940人に上っていたことが28日、 文部科学省の調査で分かった。 病気を理由にした退職者1893人の半数(49.7%)を占めている。 精神疾患で退職した教員数が明らかになるのは初めてで、 本格的な教員のメンタルヘルス対策が求められそうなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北の野菜を・・・

sxbwh291 さんのデジブックです。 綺麗な お野菜でしょう・・・ 今日の更新 毎日の流れ・・・ http://ameblo.jp/tamakara/見てね 食べたくなるよ~は、カレーです。 http://tamakaranomama.blog62.fc2.com/ 健康ランキングに参加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前立腺が肥大とは・・・

尿がしたくても思うように出ない状態。 尿がうまく排出できないため、尿路感染症なども起こりやすい。 男性は 中高年になると前立腺が肥大しはじめます。 前立腺が大きくなると、近くにある尿路が圧迫されて、 膀胱に尿がたまっているのに尿が出にくいのです。 前立腺肥大症は、年齢が上がるにつれ症状の出る割合が高くなりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の果物の効用は・・・

いちご8~10粒で、一日のビタミンCの必要量を満たしますね。 ビタミンCはシミ、そばかすなどの色素沈着の予防、肌のはりを保つ コラーゲンの生成に 免疫機能を高めて風邪ウイルスの活動を抑え 抗酸化作用が強く、がんや動脈硬化の予防にもなります。 いちじくには、水溶性食物繊維のペクチンが含まれています。 ペク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーグルトの効用・・・

ヨーグルトとは、牛乳等の乳に乳酸菌を混ぜて発酵させたものです。 牛乳が飲めない人でも、ヨーグルトは乳糖不耐症の人が摂取しても、 乳糖が減っているので、おなかをこわすことがありませんよ。 ヨーグルトは、通常牛乳よりも10%ほど多く乳成分をふくみます。 乳酸菌で醗酵させてヨーグルトをつくる前は、5%位の乳糖があります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰圧迫骨折のリハビリ・・・

動けなかった時に固まってしまった体全体の筋肉をストレッチで 柔軟にする事が最善の治療法なので 寝たままでは治りません。 身体を動かさないと 筋肉がつかないので 骨格も歪み 痛みが来たりしますから ハードにするのでなく まず姿勢から 正して おへそを閉め 肛門も閉め 鏡を見ながら…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

麦とろの日とは・・・

6月16日が 『麦とろの日』だそうです。 麦とろ御飯」は栄養価が高く、 夏バテ予防になります。 大麦にはビタミンBとミネラルが多く含まれて 野菜類の中でも最も食物繊維の含有量が高く、 カルシウム、鉄分も豊富なのです 山芋は「山のウナギ」と呼ばれ精がつくと云われて 栄養吸収率を高め、胃腸の消化吸収…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳は大丈夫ですか・・・

頭の中身も整理が必要ですね。 大事な記憶のために物忘れも必要。 物忘れが多くなったのは、年の性だけではなく 整理が出来てないから 起こっているようです。 不要なものは どんどん忘れ 何を忘れたかを 思い出そうとする行為が 活性に繋がるようです。 ボケたと嘆かないで 明るく生きましょうね。 軽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

口臭予防には・・・

口臭の元となる雑菌には嫌気性(酸素がない~薄い状態を好む)のものが多く、 口の中が乾燥すると繁殖しやすくなります。 寝起きに口臭が生じるのは、睡眠時に唾液の分泌が低下して、 口の中が乾いて嫌気性の雑菌が繁殖するためなのです。 そこで大切なのが唾液を出すことですよ。 唾液の分泌を促すために、まずは水分補給が重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹筋・背筋を鍛えましょう・・・

激しい運動や重いものの持ち運びなどを行なった後は腰痛を感じることが多いように、 筋肉の酷使や過度の緊張は腰痛の原因になりますね。 筋肉から来る腰痛は、一過性の痛みを伴うことが多く数日で 筋肉の痛みと共に緩和する性質がありますが、 ぎっくり腰になる恐れがありますので ご注意くださいね。 内臓から来る腰痛や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肝臓が疲れ易い時期・・・

日ごろの生活や、ストレス、食生活の乱れなど気温の変化が 加わって、症状が表れやすくなる時期ですね。 気温の変化は、体温を調整している自律神経にストレスを与えます。 自律神経の働きが追いつかなくなり、免疫力や抵抗力が低下し 風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなってしまいます。 特に5月は 肝臓が疲れやすく …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

泣くことは大切です・・・

涙は ストレス反応として分泌されたホルモンなので、 泣くことで体の外へストレスが 一緒に出て良いのですよ。 ストレス発散のために泣いている赤ちゃんの場合 うるさい・・・と怒鳴りつけたり 放っておくと 大きくなって 人を信用しなくなって 感情が豊かに育たないのですよ。 無理やりに泣き止ませると 強迫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎっくり腰には・・・

腰を痛めた時に足から 原因治療法を見つけることが先決です。 身体を支える足が バランスを欠いているようでは 根本的に 治らないのですよ。 足のゆがみ 指に原因が出ています。 普段の生活で 腰まわりから背中にかけての筋肉全体が 弱らないようにして軽いストレッチは続けていると ふいな ぎっくり腰にはならな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胡椒の効用・・・

消化器系の働きを活発にするほか、吐き気や歯痛にも効果があります。 黒く熟す直前の果実を乾燥したものがブラックペパーです。 香りと辛みが強く、肉料理にあいます。 ホワイトペパーは完熟した果実の果皮を除いて乾燥させたものです。 香り、辛みともにおだやかです。 鶏料理や白身魚、卵料理などにあいます。 抗菌及…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

災害の時に低体温対策は・・・

神経のバランスが乱れることによって、低体温となり、 症状を改善することも難しくなります。 ストレスに効く薬は、はっきり決まっているわけではありません。 自分で解決していかなければいけないものです。 交感神経の働きと副交感神経の働きを調整し、 バランスを崩さないことが必要なのです。 ストレスを感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せきが止まらないときには・・・

今年の風邪は 戻したり 下したりがあり せきが止まらない状態が 続いて辛いようですね。 尺沢 ひじの内側にできる横ジワの線上にあり、真ん中より少し親指よりにあり 押すと、指が入りますが、痛みが走るくらい強く押すのがポイントです 天突 鎖骨と鎖骨の間のくぼんだところに人差し指か中指を引っかけて、 下に向かって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひな壇に飾る菱餅は・・・

ひし餅は 雛祭りには欠かせませんね。 華やかなお雛様に 3色のひし餅 嬉しくなりますね。 古代中国で母子草(御形)で作ったお餅を 厄払いに食べたようです。                日本では よもぎを使って草もちを食べたのです。 健康 厄除け 新緑の緑としてヨモギ入りを。 菱の白い実をお餅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

睡眠の色々・・・

睡眠が「8時間以上」の中学3年生と、「6時間未満」 「9時間以上」の小学6年生は、眠りの浅さなどにより テスト正答率の低さが顕著であることが26日、 昨年実施した全国学力テストと学習状況調査を 分析した京都府八幡市教育委員会のまとめで分かった。 市教委では今後、医師とともに児童・生徒の適切な 睡眠の在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザとは・・・

飛沫感染して、鼻や喉から、体内に侵入するが体内では、 8時間後に、約100個に増殖する(1日で、100万個に増殖する)。 1~3日間の潜伏期間の後、発熱、独特の咳などの症状で、 発症するのが インフルエンザなのです。 突然の発熱や全身の倦怠感などの症状が特徴で, 伝染性が非常に強く、症状が激しく重症化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足や背中がかゆいのは・・・

皮膚の水分量低下と皮脂分泌の減退で、 皮膚がかさかさになる「乾皮症」が進むと、 かゆみを伴う「皮膚掻痒(そうよう)症」になります。こんな時に、 かきむしるなどの刺激が加わり、赤みがさしたり、 隆起したつぶつぶの赤い発疹が現れ、ただれやかさぶたなどが 加わると、湿疹状態になるのです。これを「皮脂欠乏性湿疹(皮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耳鳴りがするのは・・・

自律神経の乱れはストレスや ホルモンバランスが 悪いので起こってきます。 バランスが崩れると 冷や汗が出たり 動悸 息切れ 肩こり 頭痛 高血圧 糖尿病 めまい 耳鳴りにもなります。 食事が偏ったり 栄養のバランスが悪いと 起こることも有ります。 軽いストレッチで 全身の血液が流れだすと 予防したり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室内の温度もきをつけて・・・

寒さにより末梢の動脈の収縮が起こると、 冷え性、腰痛、関節痛、しびれなどに悪影響を及ぼします。 昔から女性は 足腰を冷やさ無いように言われていますね。 末梢血管が収縮すると血圧が上昇しますので 血圧上昇が原因の脳出血も冬に多発しますから、 病人や高齢者のいる家庭は充分な対策をとってくださいね。 足元を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳梗塞予防に・・・

小寒になって 急に冷え込んできましたね。 身体に急激な温度変化があると 首からぞくっと 冷えて風邪をひいたり 血圧の上昇になって脳梗塞の 危険にもなります。 寝るときにマフラーなどを巻くことで 予防できます。出かけるときは手袋も必要です。 末梢血管が収縮すると身体全体を冷やしてしまいます。 寝る前のコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七草粥・・・

お粥に春の七草の セリ、ナズナ、ゴギョウ(母子草)ハコベラ、 ホトケノザ(田平子)、スズナ(かぶ)、スズシロ(大根)を 入れて食べるのがこの日です。 お正月のごちそうで疲れた胃をいたわったり、 縁が少ない冬の栄養源として、ビタミンを 補給する意味があるようです。 古くはまな板の上で、草をトントン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夢を見ましたか…

1月1日から2日 2日から3日 いずれかに見た夢を初夢と云われています。 一富士 日本一高い山             二鷹  賢くて強い鳥 三茄子 事を成す。 四扇 五煙草 六座頭と続くそうです。 こんな初夢を見たことがありません。 自分流の初夢で 満足されたのでは無いかしら。 今年も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more