心と身体の健康

アクセスカウンタ

zoom RSS 繰り返しの大切さ・・・

<<   作成日時 : 2006/08/16 09:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

子供の成長には 何度も繰り返し 試行錯誤があるのだなと実感したのは、
家庭文庫を開いていた時や、図書館で大勢の子ども達に 本の読み聞かせを
していた時です。我が子に寝る時に 読み聞かせしている時と同じ用に
ももちゃんを読むと、次の日も同じ本を読んで欲しがるのです。
自分の知っている場面が出てくるのを 心待ちして 目の輝きが違うのです。
そんな時に 物事を納得していくのだな・・・と感じていました。

幼児が、初めて書く文字は 丸です。1年生の長男が毎日、絵日記を書いていた時に
たまからもノートを欲しがるので与えると 端から端まで 丸で埋め尽くされ
次のページには みんなで仲良く お弁当を食べている絵だったのです。
この丸ばかりの所は、何なの・・・と聞くと、今日は、お兄ちゃんのクラスの人と
お父さんや、お母さん、先生と万博公園に行って遊びました。
とても楽しかったです。 お弁当は 草の上にビニールを敷いて食べました。
美味しかったのよ。ッて書いてあるの・・・と嬉しそうに説明してくれました。
あ〜ぁ これは文字なのか、同じように書いている積もりだったのかと。
驚くことが何度もありました。

この丸も歪んでいたり 手足の長さが違っていた頃からすると それらしい
情景が見事に描かれていたのです。
成長の段階で 形が整い 色使いも素敵に変化していくのを
楽しく見て、小学校に上がりだしてから中3迄 毎日描いていた日記は
見事なものでした。

娘(たまから)が証券会社に勤めだして3年目に 身体の不調を感じたので 病院へ
行きましたが風邪でしょう。疲れが溜まっているのでは・・・でした。
その頃 おばあちゃんが亡くなり おじいちゃんがショックで動けなくなり
入院したので 私は、仕事をしながら 毎日病院へ行っていました。
昼用に作った食事が残っているので 聞くと食欲が無い スープにしても
飲み込めない状態 身体が固くなってきていました。
救急病院に入院 今夜で終わりと思ってくれ 治っても植物人間になって
2度と会話は出来ないと断言されました。
風邪から脊髄にウイルスが入ったのです。

少し治ってきた時に 鉛筆を持って 人形を描いたのです。
手足の長さが違いが はっきり解る絵 幼児の時に描いた形です。
徐々に平均的に成るのですが フエルト人形を作ると 
同じく長さが違い、黒い顔に 黒い目なのです。
しっかり普通の人形のように上手になったかと思うと
風邪を引いたら 元の木阿弥なのです。
こんなことを繰り返しながら 最近のような作品になってきたのです。
風邪をひくと 風邪薬は神経を止めるので飲ませられません。

子供の成長 病後のリハビリは簡単になるものではないのです。
でも、繰り返しの中から 必ず発展して行っています。
同じことばかりしていると 怒らないで ゆっくりと見守ってあげてください。
思いもかけない素晴らしい発展を見ることが出来ますよ。

画像


食べたくなるよ〜は 豆腐のサラダです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
読み聞かせと言う事で娘の大好きだった「はらぺこ青虫」の事をかきますね。

娘がまだ2歳頃、妻がよくこの絵本を読み聞かせていました。
何回も読み聞かせている内に、娘も一人で読める様になり、得意げに大きな声で読んで居たものです。

腹ペコの青虫が次から次と色んな物を食べるのですが、最後にスイカを食べる所では、読み疲れるのでしょうか、いつもそこに来ると、「シュ・シュ・シュイカ・デシュテ」と読み、私と妻にニッコリと微笑んでくれたものです。

幼い頃から本を読む事が大好きだった娘も、司書の資格を取り、今は県立図書館の「お姉さん」をしています。
加藤大介
2006/08/16 11:17
こんにちは。
ママさんはすごいですね。HPばかりでなく
ブログも充実していて・・素晴らしいです

書いてあることは同じような事に悩んで
誰にも相談できずにいる方にとって・・
何か・・「ああそうなんだ」という感じで
気づかれる方も多いとおもいます。
私も最近腰と足に痛みがあって健康であることが
いちばんだとこの頃おもいます。
この間ブログで足の痛みのところ読ませて頂きました。

HPのほうにもお邪魔します




きら
2006/08/16 13:27
加藤さん 本は良いですね。
ママは、本を買って貰えなかったので
図書館の本の乱読と 貸し本屋さんのおじさんと
仲良しになり 何時も立ち読みさせてもらっていました。
中学までの距離は30分位歩くので いつも
歩きながら図書館の本を読み、新刊はいの一番に
読んでいました。中1でアンドレジイドの
狭き門 トルストイの戦争と平和
アンナカレニーナ ヤ、ミッチェルの
風と共に去りぬとか 老人と海など・・・
きりが無いくらい読み漁りました。
たまからのママ
2006/08/16 15:38
きらさん お役に立てれば嬉しいです。
毎日、沢山の相談を受けながら 同じ悩みの方が
多いので 少し記載したら間に合うかな・・・と
このブログを作りました。
こんなことは、どうしたら・・・と質問を
下されば即答できますが 知らないことは
調べてでもお答えしますので ご利用してね。
たまからのママ
2006/08/16 15:43
私が今でも大切に持っている絵本は「花咲き山」です

ひとりっこになるであろう孫姫がわかるようになったら読んで上げようと思っています。
昨日はじじさんの誕生日に何とか丸に目と鼻、口
みんなゆがんだ○
大切に夫は受け取りうれしそうです。
絵里子もうれしそうでした。
力丸ママ
2006/08/16 18:54
力丸ママさん 優しいね〜。
子供や孫は、誰もが通る道だけど しっかり認め
褒めてあげることから、観察力、思考力も発達
豊かな感情が育つのが最高ですね。
たまからのママ
2006/08/16 20:34
ママさん、こんばんわ。
「「繰り返しの大切さ・・・」最近、孫と遊んでる時に実感してます。歌も「もう一回」「もう一回」としつこい位に何度も歌わされるし、ピアノも私の横に座って同じ曲を何回もひかされます。孫は飽きもせず嬉しそうに一緒に歌ってます。こういう繰り返しが大切なんだと、ママさんのブログを読んで再認識しました。最近は「これ何?」の質問攻めにあってます(笑)

ちょっとした孫とのふれあいを楽しみ、大切にしていきたいと思ってます。本当にババばかですね〜(笑)
たえりん
2006/08/16 22:04
体調を崩して医者に行くと、風邪ですね、と片付けられることが多いですね。
たまからさんは、ママさんの希望と信念でここまで回復されたのだと確信しております。よく頑張られましたね。
私もある日突然、夫が歩けなくなり、病院へ行くのに、タクシーに乗せるのが、それは大変でした。足が震えて転びそうでした。その後もいっこうに回復せず、隣県の国病に入院し、高圧酸素タンク治療とリハビリで、やっとステッキ使用で歩けるようになりました。それでも100mが限度です。ついにこれ以上良くなることはありませんでした。

リハビリも芸事も、そして言葉を覚えるのも、繰り返しの賜物ですね。あらためて思いました。
nasubi
2006/08/16 22:39
たえりんさん おはようございます。
小さいほど何度も繰り返し聞いてきたり
読んで欲しくなったり 歌ったりしたいものです。
邪魔臭がらずに ゆっくりと 根気良くしていると
納得する時期が来るのでしょうか 違うのを
要求するようになるのよ。

病気になって一言もしゃべれなかった たまからが
毎日、何往復も電車に乗ったり 降りたりの
リハビリをしていましたら ある日 改札出ないのと
声を出して聞いたのです。
嬉しくなって そうだね。降りようか・・・と
改札を出て 知っている町 天神橋の商店街を
ゆっくりと歩きましたら、何度も眺めて
知っているなと 納得した顔で歩いたのよ。
JRから阪急駅までの10分くらいの道を
長い時間かけて たどり着いた時の嬉しさは
口では表せません。
待つことだけなのよ。急がないことよ。
甘えさすだけの 猫かわいがりは 悪は育っても
善は育っていませんね。
たまからのママ
2006/08/17 10:05
nasubiさん おはようございます。
ご主人のことでの心労は大変だったでしょうね。
柔らかく撫でさすることで 機能は回復することが
多いですのよ。
膝の痛い人 腰の痛い人 腎の働きが弱っています。
撫で摩るだけで 少しの時間で良いのですよ
毎日続けることが 改善の早道です。
思い込みや、サボり癖で 自分の根気
努力 待つ時間を惜しんでは 治るものも遅れますね

いかに、無理の無い繰り返しが大切かを・・・。
たまからのママ
2006/08/17 10:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
繰り返しの大切さ・・・ 心と身体の健康/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる