心と身体の健康

アクセスカウンタ

zoom RSS 左利き・・・

<<   作成日時 : 2012/05/30 23:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

世界の国々を見渡してもほとんどが右利きで、左利きの人は、全体の約10%位。
右利きが圧倒的に多いのは、生き物の中でも人類だけに見られる顕著な特徴だそうです。

人類は二足歩行をはじめ、道具を使い、言葉を操るようになる進化の過程で、

脳が大きく発達し、それとともに右利きが増えたと言われています。

進化の過程は、生まれて間もない子供たちの発達の過程でもうかがい知ることができますね。

0〜2歳くらいの子供の様子を見てみると、今日は右手で積み木遊びをしていたかと思うと、

明日は左手で絵を描いているといった具合で、左右どちらの手もランダムに使っているのだ。

その子供たちの利き手がしっかり決まってくるのは、だいたい3〜4歳くらい。


利き手と脳は、よく知られているように右手は左脳と、左手は右脳と繋がっている。

目や耳もしかり。クロスするカタチで左右の脳と密接に結びついているのです。

目や耳よりも、利き手による脳の違いのほうが圧倒的に大きいことが解明されてきています。

右利きと変わらない場合や左右の脳が反対になっている場合は、

単に利き手が違うだけともいえますが、言語能力や空間能力が

左右両方の脳にあるケースでは、右利きの人よりも、

左右両方の脳を使う頻度が高いと言えますね。

統計的にも実証されており、話をするときに主に左脳だけを使うのは、

右利きの大人の場合90〜95%なのに対し、左利きでは約60%と少ないのです。

左利きの人の残り40%の多くが、左右の脳を駆使して話をしていると考えられます。

左脳と右脳があるのだから、どちらか一方ばかりを使っているのは少しもったいない。

右利きの人も、左手をもっと使うことによって、左右の脳をより良く活かしましょう。

右脳と左脳はさまざまな役割を分担してはいるが、最終的に決定を下し、

何かを実行に移すには、両方の脳が総合的に働いてこそ実現するのです。

どちらの脳が優れている、といった問題ではない。

どちらかの脳を活かす、というのではなく、両方の脳を活かしきることを考えましょう。

利き手や左右の脳の違いを病気という切り口で見ると、

「左脳より右脳のほうが傷つきやすい」という特徴があげられる。

例えば左脳で卒中が起こって右半身不随になるのは、左半身不随になる人の約4倍。

脳が受ける損傷も、左脳のほうが約2.5倍も多いのだ。

左利きの場合は睡眠障害や斜視になりやすく、聴覚障害になる確率は、右利きの約2.5倍。

あらゆることを左手で行うような左利きの場合は、アレルギーや花粉症などの

免疫系の病気になる確率が右利きの約2.5倍にもなるともいわれています。

利き手によってかかりやすい病気にも違いがあるわけだから、十分に気をつけたいですね。


画像


今日の更新 毎日の流れ・・・ http://ameblo.jp/tamakara/見てね



紙用はさみ[左手用・小・SC-165SL] (プラス)
ありがた文具公司
☆★☆★  メール便で送れます  ★☆★☆■一般紙用はさみ[左手用・小・SC-165SL](プラス)

楽天市場 by 紙用はさみ[左手用・小・SC-165SL] (プラス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

左右両利き対応 メジャー ライムグリーン§§
イノブンオンラインショップ
メジャーの機能だけなら、もっと安いアイテムもありますが、そこは雑貨感覚に楽しく使っていただきたい小物

楽天市場 by 左右両利き対応 メジャー ライムグリーン§§ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
左利き・・・ 心と身体の健康/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる