お正月・・・

お屠蘇
新年を祝うもので、肉桂、山椒、桔梗、防風など
7種類の生薬を配合した屠蘇散を酒、みりんに浸して作ります。
中国、唐の時代にはじまった習俗で、日本には
平安前期に伝わりました。
年長者が若者の生命力にあやかる、という意味をこめ、
年齢の若い順に飲むとされています

大服茶
正月、元旦に、梅干や昆布、山椒などを入れたお茶を
飲む風習。大福とも書きます。

お雑煮
大晦日に神様にお供えしたものを、
元旦に「神様と一緒にいただく」というもの。
お供え物は各地域の産物であったので、
お雑煮の具は地方によりさまざまです。

おせち料理
1年に5回ある節句の供え物の野菜で作った煮しめが、
正月に限られるようになり、現在のような形に発展しました。
外が黒塗り、内が朱塗りの四段重が正式で、
一の重は口取り、ニの重は焼き物、三の重は煮物、
四の重は酢の物を入れるとされています。
日ごろ台所で立ち働く女性を正月くらいは休ませる配慮から、
作りおきのきく料理が中心でした。

祝箸
お正月など、晴れの日には両端が細くなっている
白木の箸を使います。一方を自分が使い、もう一方に
神様が宿るという意味がこめられています。
箸袋に名前を書くのは、神様に守って戴けるよう
願いをこめたものです。

画像


今日の更新 http://ameblo.jp/tamakara/
毎日の流れ・・・を見てね。



食べたくなるよ~お節料理・・・です。



健康ランキングに参加しています。
クリックしてね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック